屋根修理や雨漏り補修の悪徳業者には共通する特徴があります。
悪徳商法に騙されないためには多少の知識は必要です。
悪徳業者の手口と対処法を知っておきましょう。

こんな悪徳業者には要注意!

やたらと"無料点検"を推してくる

悪徳業者の特徴として、無料点検商法があります。無料の点検で家に入り込み、後々高額な工事につなげる販売方法です。屋根の上には普段登ることも見ることもないため、どのような状態になっているか分かりません。そのため、業者が屋根に登って写真やビデオを撮影して家主にも確認してもらうことを無料で行うと言い実際に屋根に登りますが、修理が必要ない場合であってもその家の屋根ではない別の画像を見せることで不安にさせるケースもあります。

このような無料点検商法にひっかからないためには、写真やビデオを必ずしも信用しないことと、その場で依頼せずに複数の業者に見積もりを依頼することです。悪徳業者はその場で決めれば割り引きをすると言って即決を促しますが、そもそもの料金相場は一般の人には分かりません。始めの提示額が相場の倍の金額であれば割引をしたところで何の得もありませんので、一度落ち着いて考え、他の業者にも見積もり依頼をするようにしてください。

モデルハウスキャンペーンを謳っている

モデルハウスキャンペーンとは、HPやチラシなどに記載するためのモデルとしてビフォーアフターを掲載する代わりに格安で修理を行うというものです。謳い文句としては「モデルハウスの募集枠がもうすぐ埋まってしまいます」という趣旨のことを言って即決を迫るのです。

こちらも無料点検と同様に、格安と言いながら実際は通常料金であったり、場合によっては通常料金よりも高い場合もあります。さらに、始めの修理は格安であっても、本来必要のない修理であったり、他の修理も必要なので追加で修理をした方がいいと迫ることもあります。

このような商法はそもそもキャンペーン自体が嘘であり、募集枠も設定されていません。必要のない修理を行わせるために言っているだけなので、本当に必要か不要かは複数の業者に見積もりを依頼すると分かります。慌てずに相見積もりを取るようにしてください。

初期の話と見積金額が大幅に違う

修理の流れとしては、まず屋根の状態などの下見をして修理の方法や工期を決めて見積もりを出します。依頼主と合意ができればそのまま修理へと進みますが、この際に業者が見積もりを安く出すことによって依頼を受けやすくすることがあります。もちろん安い見積もりのまま終わればよいのですが、実際は見積金額を大幅に上回る請求額になりトラブルになるケースが多くあります。

このようなトラブルに巻き込まれないためにも、繰り返しになりますが複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。そして、契約前に価格、工期、工事内容、保証の有無などの契約内容をしっかり確認しましょう。

屋根の修理工事は明確な金額が決まっているわけではないので、適正価格は複数社の見積書を確認するしかありません。見積もり段階でお金を請求する業者はありませんし、もしそのような業者があれば今後一切関わらない方がよいでしょう。