屋根や外壁からの雨漏りを防ぐためには工事が必要です。
屋根修理や補修のリフォーム業者選びにはコツがあります。
優良業者に共通するポイントをご紹介します!

【保存版】優良業者に共通するポイント

問い合わせから施工まで対応スピードが早い

優良な業者は人気があるので、問い合わせて見積もりを取っても、修理に入るまでの期間が長くなってしまう場合もあります。しかし、優良業者であれば可能な限り早く修理ができるように最大限の努力をしてくれますし、時間がかかる場合でもいつ頃から開始できるか明確に伝えてくれます。逆に依頼だけ受けて肝心の施工がなかなか始まらない上に連絡も遅い業者もあります。対応スピードは業者を見極めるポイントになります。

料金体系が明確である

通常は雨漏りの相談をした後に修理の見積もりの話に移ります。いきなり契約を迫る業者もありますが、必ず見積もりをもらってから検討するようにしてください。そのような業者に限って高額な請求となり、トラブルになりがちです。優良業者は見積もりも早く出してくれますし、修理後の実際の請求額とほとんど差異がありません。また、相場に沿った料金となっているため手抜き工事などの心配もなく、安心して依頼することができます。

保証期間が長い

依頼主の心配事として、屋根などの修理によって本当に雨漏りが解決するのかということがあります。屋根を補修したとしても、実際の雨漏りの原因の箇所でなければ雨漏りは解決しないため、再度修理を行うことになり、費用がかさんでしまいます。そこで確認しておきたいのが保証内容です。優良業者は保証内容や期間が長いため、仮に初めの修理で雨漏りが解決しなくても、追加費用なしで再度修理を行ってくれます。保証期間も見落とさないようにしましょう。

実績が豊富=長年に亘る信頼の証し

悪徳業者は一時的に儲かったとしても、結局悪い噂が広まっていずれは消えていくことになります。その点、優良業者は信頼を積み重ねることなるので、長期間に亘る実績があります。過去の実績を見ることは業者の信頼の証しを見ることになるため、業者を見極める重要なポイントになります。ただし、悪徳業者は実績に関しても嘘を並べるので、創業の年などと見比べておかしい点がないかも確認することが大切です。

スタッフの対応が良い

どの業界にも共通して言えることですが、優良業者はスタッフの教育も行き届いているものです。問い合わせ段階で対応が悪いと感じたら危険信号です。下見や見積もりの段階までは対応がよくても、依頼後に急変することもあります。こればかりはどうしようもありませんが、他のチェックポイントも踏まえながら優良業者を見極める材料にしてみてください。言葉遣いはよくても、なぜか感じが悪いという場合など、フィーリングが合わないと感じたらやめた方がいいかもしれません。